So-net無料ブログ作成
検索選択
前の20件 | -

2017 F1 GPスケジュール [F1]

2017年のF1 GP開催スケジュールです。

グランプリ 決勝日 現地時間 日本時間 サーキット
開幕戦 オーストラリアGP 3/26 16:00 14:00 アルバートパーク・サーキット
第2戦 中国GP 4/9 14:00 15:00 上海国際サーキット
第3戦 バーレーンGP 4/17 18:00 0:00 バーレーン・インターナショナル・サーキット
第4戦 ロシアGP 4/30 15:00 22:00 ソチ・オリンピックパーク・サーキット
第5戦 スペインGP 5/14 14:00 22:00 カタロニア・サーキット
第6戦 モナコGP 5/28 14:00 22:00 モンテカルロ市街地コース</td>
第7戦 カナダGP 6/11 14:00 4:00 サーキット・ジル・ビルヌーブ
第8戦 アゼルバイジャンGP 6/25 17:00 23:00 バクー・シティ・サーキット
第9戦 オーストリアGP 7/9 14:00 22:00 レッドブル・リンク
第10戦 イギリスGP 7/16 13:00 21:00 シルバーストン・サーキット
第11戦 ハンガリーGP 7/30 14:00 21:00 ハンガロリンク
第12戦 ベルギーGP 8/27 14:00 21:00 サーキット・ド・スパ-フランコルシャン
第13戦 イタリアGP 9/3 14:00 21:00 アウトドローモ・ナツィオナーレ・ディ・モンツァ
第14戦 シンガポールGP 9/17 22:00 21:00 マリーナ・ベイ市街地コース
第15戦 マレーシアGP 10/1 15:00 16:00 セパン・インターナショナル・サーキット
第16戦 日本GP 10/8 14:00 14:00 鈴鹿サーキット
第17戦 アメリカGP 10/22 14:00 5:00 サーキット・オブ・ジ・アメリカ
第18戦 メキシコGP 10/29 13:00 4:00 エルマノス・ロドリゲス・サーキット
第19戦 ブラジルGP 11/12 14:00 1:00 インテルラゴス・サーキット
最終戦 アブダビGP 11/26 TBC TBC ヤス・マリーナ・サーキット


全20戦です。
昨年バクーで初開催されたGPはアゼルバイジャンGPの名称で開催されます。


Ferrari(フェラーリ) ライト エッセンス EDT75ml

Ferrari(フェラーリ) ライト エッセ…

¥3,083(税込)

フェラーリライトエッセンスの香調はフローラルフルーティウッディ。フェラーリ初のユニセックスフレグランス。フェラ…

Ferrari(フェラーリ) ライト エッセンス EDT75mlFerrari(フェラーリ) ライト エッセンス EDT75mlをカートに入れる

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ムカデに咬まれた時の対処法 [日記]

諸説いろいろあるかとは思いますが、今回学んだことの備忘録も兼ねて書いておく。

ムカデに咬まれた時の対処方法としては、
①患部を43℃~46℃くらいのシャワーなどで10分から20分程度よく温める
  →ムカデの毒はタンパク質の為、温めると破壊されるそう。
②表面に付いた毒を流す為に、石鹸シャンプーでよく洗い流す。
③薬がある場合は、塗っておく。
  →薬は、ステロイド系かヒスタミン系がいいらしい。
   アンモニア系も効くから、キンカンも効果的らしい。
   あとは民間療法だけど、緑茶とかもいいらしい。

やってはいけないこと3点。
*患部を冷やす。
  →毒の拡散は防げるが、痛みはひかないっぽい。
   温める処置は比較的新しいものなので、先生によっては冷やす人もいるそう。
*毒を吸い出す。
  →間違いなく、口も腫れる。
*患部を揉む。

一昨日の夜中、自宅でムカデに咬まれました。
10㎝くらいの比較的小さな個体でしたが、痛さは半端ない。
痛さをこらえつつ、退治してから、ムカデに咬まれた時の対処方法を調査。
夜中だったこともあり、自宅で応急処置をしました。
幸い腫れもあまりなかったので、その夜は様子見。
結局、次の日も腫れはそこまでなく、丸2日で完治しました。
個人の体質と咬んだ個体の差で症状は変わってくるが、自宅で早急に出来る処置としては効果的だったと思う。
今回は病院に行かずに済んだけど、身の危険を感じたら、すぐに専門家に診てもらうことをオススメします。
何かの参考になれば。

プロバスター ムカデを寄せつけない 200g

プロバスター ムカデを寄せつけない 200g

¥722(税込)

「プロバスター ムカデを寄せつけない 200g」は、ムカデの嫌がる特殊なニオイで寄せ付けない不快害虫忌避剤です…

プロバスター ムカデを寄せつけない 200gプロバスター ムカデを寄せつけない 200gをカートに入れる

タグ:WORD 知識
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

F1 2013 スケジュール [F1]

シーズンも半分を過ぎましたが、備忘録も兼ねてスケジュールを載せておきます。

03月17日 オーストラリアGP
03月24日 マレーシアGP
04月14日 中国GP
04月21日 バーレーンGP
05月12日 スペインGP
05月26日 モナコGP
06月09日 カナダGP
06月30日 イギリスGP
07月07日 ドイツGP
07月28日 ハンガリーGP
08月25日 ベルギーGP
09月08日 イタリアGP
09月22日 シンガポールGP
10月06日 韓国GP
10月13日 日本GP
10月27日 インドGP
11月03日 アブダビGP
11月17日 USGP
11月24日 ブラジルGP

全19戦です

Ferrari(フェラーリ) AL-FD-D207 II 20インチ 折畳自転車 7段変速 レッド

Ferrari(フェラーリ) AL-FD-D…

¥29,800(税込)

Ferrari(フェラーリ) AL-FD-D207 II 20インチ 折畳自転車 7段変速 レッド…

Ferrari(フェラーリ) AL-FD-D207 II 20インチ 折畳自転車 7段変速 レッドFerrari(フェラーリ) AL-FD-D207 II 20インチ 折畳自転車 7段変速 レッドをカートに入れる

タグ:F1
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

PM2.5 [WORD]

PM2.5とは、硫酸塩エアロゾルという直径2.5マイクロメートル以下の有害微小物質のこと。
肺がんや循環器疾患などを引き起こすとされている。
普通のマスクでは防げない微粒子で、髪の毛の直径を10円玉とすると、鉛筆で書いた点ほどの大きさ。

急な症状としては、咳や花粉症などの症状がひどくなるなどする。
長期的にみると、肺がんの原因になることもあると言われている。

主な対策方法
 ・外出する際はマスクを着用する
 ・洗濯物は部屋干しにする
 ・換気を控え、外気を部屋に入れないようにする(空気清浄器を利用する)
 ・外出する際は、ナイロン製の上着を着て、衣服への付着を防ぐ
 ・入浴と洗髪で洗い流す
 ・外出から帰った際は、手洗い・うがいをする

尚、普通のマスクでは、粒子が小さいため通り抜けてしまう。
N95以上のマスクが有効になる。

N95 規格とは、米国 NIOSHが定めた9種類の基準の中で最も低いもので、「N」は耐油性が無いことを表し、「95」は試験粒子を 95% 以上捕集できることを表している。
N99だと、99%以上捕集できるということ。
花粉だけでなく、インフルエンザなどのウイルスの予防にも効果がある。


抗ウイルスマスク「FSC・F−95」

抗ウイルスマスク「FSC・F−95」

¥575(税込)

「抗ウィルスマスク FSC・F95マスク 10袋(マスク30枚)セット」は、四層構造(ウイルス捕集機能特殊不織…

抗ウイルスマスク「FSC・F−95」抗ウイルスマスク「FSC・F−95」をカートに入れる


抗ウイルスマスク「FSC・F−95」・10箱入り

抗ウイルスマスク「FSC・F−95」・10箱…

¥5,565(税込)

「抗ウィルスマスク FSC・F95マスク 10袋(マスク30枚)セット」は、四層構造(ウイルス捕集機能特殊不織…

抗ウイルスマスク「FSC・F−95」・10箱入り抗ウイルスマスク「FSC・F−95」・10箱入りをカートに入れる

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ペルセウス座流星群 [WORD]

今夜はペルセウス座流星群の極大日(ピーク日)みたいです。
ということで、ペルセウス座流星群について☆

三大流星群のうちの1つで、夏の風物詩となっていて、年間流星数1位の流星群。
少なくても2000年近くは観測されている流星群で、紀元前から記録に残っている。
明るい流星が多く、毎年7月下旬から8月中旬にかけて活動し、観測しやすい。
極大日は毎年だいたい8月13日頃で、2012年の極大日は8月12日。
ピーク時間は0時頃から明け方にかけて。
望遠鏡双眼鏡のような機材を利用しなくても肉眼だけで楽しむことが可能。
月を視界に入れないよう東側から北東側、天頂あたりを観るのが良い。

極大日をはさみ、2~3日は流星が活発に出現するみたい。
空が明るくなり始める4時頃までは観察しやすいらしい。

みなさま☆星に願いを♪
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

F1 2011 スケジュール [F1]

今年のチャンピオンシップも大詰めですが、来季のスケジュールが発表されているので載せておきます。

03月13日 バーレーンGP
03月27日 オーストラリアGP
04月10日 マレーシアGP
04月17日 中国GP(*)
05月08日 トルコGP
05月22日 スペインGP
05月29日 モナコGP
06月12日 カナダGP
06月26日 ヨーロッパGP
07月10日 イギリスGP
07月24日 ドイツGP
07月31日 ハンガリーGP
08月28日 ベルギーGP
09月11日 イタリアGP
09月25日 シンガポールGP
10月09日 日本GP
10月16日 韓国GP
10月30日 インドGP(*)
11月13日 アブダビGP
11月27日 ブラジルGP

(*)はサーキットが承認されることが条件
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

F1 2009 オーストラリアGP [F1]

F1 2009 オーストラリアGP 決勝結果


1 J・バトン ブラウンGP 1:34:15.784
2 R・バリチェロ ブラウンGP + 0.807
3 J・トゥルーリ トヨタ + 1.604
4 T・グロック トヨタ + 4.435
5 F・アロンソ ルノー + 4.879
6 N・ロズベルグ ウィリアムズ + 5.722
7 S・ブエミ トロロッソ + 6.004
8 S・ボーデ トロロッソ + 6.298
9 A・スーティル フォースインディア + 6.335
10 N・ハイドフェルド BMW + 7.085
11 G・フィジケラ フォースインディア + 7.374
12 M・ウェーバー レッドブル + 1 laps
R S・ヴェッテル レッドブル + 2 laps
R R・クビサ BMW + 3 laps
R K・ライコネン フェラーリ + 3 laps
R F・マッサ フェラーリ + 12 laps
R N・ピケ・ジュニア ルノー + 34 laps
R 中嶋 一貴 ウィリアムズ + 41 laps

2009年のシーズンも開幕しましたね。
このオフはあっという間だったような長かったような感じでした。

大きく変わったマシンにもようやく慣れてきましたね。
リアウィングが小さく高くなりました。
フロントウィングは大きくなりました。
大きさは予想を超えてて、まるで何かを集めながら走る車の様にも見えましたね。
それとKARSというシステムも搭載されたり。
80馬力の力を突発的に得られて、しかもその元はブレーキ時のエネルギーを回収してリサイクル
F1もエコだ!ということらしいけどね。
大きすぎるフロントウィングは、他のマシンに踏まれる可能性が高いから、接近戦もヒヤヒヤします。

心配された旧ホンダがブラウンGPとして3週間前に参戦決定。
テストが足りないにも関わらず、驚異の速さです。
聞くところによると、去年の早い段階から、今年のレギュレーションのマシン開発に力を入れていたみたいで、他のチームとは一線を引いた感じでした。
予選ではフロントロー独占です。

レースが始まり、いろいろ注目点がありましたね。
KARSは突発的なパワーをうむ一方で、重さが+40kgになってしまったり、ブレーキの制動周りにまだまだ不安をかかえていたりでした。
速さは出るけど、ブレーキ時に挙動を乱しているマシンもありました。
レースを繰り返して、もう少し開発が進んでいけば、とても有利なものになると思います。

レースの方はブラウンGPが1&2位でした。
3位に関しては、いろいろありましたが、トヨタのトゥルーリになりました。
ラスト数周まで2番手、3番手だったマシン同士で接触し、2台ともリタイアになりましたが、これでSCが入ったことにより、混乱も出ましたね。
バトンは、久しぶりの優勝おめでとう☆

フェラーリはと言えば、散々なレースでした。
2人ともにマシントラブルによるリタイア。
ライコネンはバランスを失って、クラッシュしてましたね…。
KARSの影響かとも言われていますが、次戦もKARSありでレースに臨むようです。

次戦は4/5 マレーシアGPです。
開催時期が少し遅くなったのもあり、雨がとても心配されていますね。
まだまだ本調子じゃなさそうですが、フェラーリ復調とライコネンの優勝を願ってます。
もうしばらく優勝見てないしなぁ。
ライバルも共倒れ状態ですが、他のチームの台頭もとっても気になります。
注目の1戦になりそうです。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

F1 2009 スケジュール [F1]

2009年シリーズのカレンダーが修正されました。
これでほぼ決定かなと。

 3月29日 オーストラリア (決勝現地時間17時/日本時間15時スタート)
 4月 5日 マレーシア (決勝現地時間17時/日本時間18時スタート)
 4月19日 中国 
 4月26日 バーレーン
 5月10日 スペイン
 5月24日 モナコ
 6月 7日 トルコ
 6月21日 イギリス
 7月12日 ドイツ
 7月26日 ハンガリー
 8月23日 ヨーロッパ(ヴァレンシア)
 8月30日 ベルギー
 9月13日 イタリア
 9月27日 シンガポール (決勝現地時間20時/日本時間21時スタート)
10月 4日 日本 (決勝15時スタート)
10月18日 ブラジル
11月 1日 アブダビ

カナダGPとフランスGPがなくなったことで、少し動きましたね。
中国GPが春になり、日本GPも1週間早まりました。
出来れば、3連休の中日がよかったんですけどね。
チケット情報も早々と公開されてましたね。
それはまた後ほどアップします。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

F1 2008 ブラジルGP [F1]

F1 2008 ブラジルGP 決勝結果
1 F・マッサ フェラーリ 1:34:11.435
2 F・アロンソ ルノー + 13.298
3 K・ライコネン フェラーリ + 16.235
4 S・ヴェッテル トロロッソ + 38.011
5 L・ハミルトン マクラーレン + 38.907
6 T・グロック トヨタ + 44.368
7 H・コヴァライネン マクラーレン + 55.074
8 J・トゥルーリ トヨタ + 1:08.463
9 M・ウェーバー レッドブル + 1:19.666
10 N・ハイドフェルド BMW + 1 laps
11 R・クビサ BMW + 1 laps
12 N・ロズベルグ ウィリアムズ + 1 laps
13 J・バトン ホンダ + 1 laps
14 S・ボーデ トロロッソ + 1 laps
15 R・バリチェロ ホンダ + 1 laps
16 A・スーティル フォースインディア + 2 laps
17 中嶋 一貴 ウィリアムズ + 2 laps
18 G・フィジケラ フォースインディア + 2 laps
R N・ピケ・ジュニア ルノー + 71 laps
R D・クルサード レッドブル + 71 laps

最終戦も雨で波乱の始まり。
途中から雨は上がってきたけど、レースは淡々と進んでましたね。

レース終盤に雨が降ってきてからは、超真剣に見過ぎました。
ベッテルがオーバーテイク出来た時は、何かウルウル。
奇跡って2度も起こるんだなって思ったけど、まだ予断を許さない状態だったので、残り2ラップは、手を組んで祈るしか出来ませんでした。
マッサがチェッカーを受け、2位アロンソ、3位ライコネン。
そして、もしかしたら…と思った瞬間、グロックが抜かれたと聞いて愕然。
しばらく意味分からんかった。
トヨタはドライタイヤで勝負に出てたけど、まさかファイナルラップで力尽きるとは思ってませんでした。
でも、これがレースって感じで、仕方ないなと思えました。
最終戦は、ちゃんとしたレースになってよかったです。
こんなドラマみたいなことってあるんだなって思えるレースでした。

表彰台に向かうマッサの姿とコメントを見て、とても泣けました。
本人も泣いてましたね。
表彰式前に一度前に出て、ファンに向かってのお礼のパフォーマンスがとても清々しかったです。

フェラーリはコンストラクターズタイトルは獲得しました。
でもちょっと複雑。


今季もたくさんのドラマがあり、楽しいシーズンでした。
来季も楽しく応援したいと思います。
ルノーも速くなるだろうし、BMWもあなどれない。
下位チームと言われてたチームも成長してきているし。
誰かが独走状態よりも、混戦の方が最終戦までワクワクドキドキで楽しめます。
オフもテストとか開発とかトレーニングとかでやることはたくさんだろうけど、リフレッシュもして、来季も良いバトルを見せて欲しいです。
琢磨もシートが獲得出来るといいですね☆

来季の開幕戦は3/29 オーストラリアGPです。
オフもしっかりチェックして、開幕を待ちたいと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

F1 2008 中国GP [F1]

F1 2008 中国GP 決勝結果
1 L・ハミルトン マクラーレン 1:31:57.403
2 F・マッサ フェラーリ + 14.925
3 K・ライコネン フェラーリ + 16.445
4 F・アロンソ ルノー + 18.370
5 N・ハイドフェルド BMW + 28.923
6 R・クビサ BMW + 33.219
7 T・グロック トヨタ + 41.722
8 N・ピケ・ジュニア ルノー + 56.645
9 S・ヴェッテル トロロッソ + 1:04.339
10 D・クルサード レッドブル + 1:14.842
11 R・バリチェロ ホンダ + 1:25.061
12 中嶋 一貴 ウィリアムズ + 1:30.847
13 S・ボーデ トロロッソ + 1:31.457
14 M・ウェーバー レッドブル + 1:32.422
15 N・ロズベルグ ウィリアムズ + 1 laps
16 J・バトン ホンダ + 1 laps
17 G・フィジケラ フォースインディア + 1 laps
R H・コヴァライネン マクラーレン + 6 laps
R A・スーティル フォースインディア + 41 laps
R J・トゥルーリ トヨタ + 55 laps

残り2戦となった中国GP。
昨年は雨で一波乱も二波乱もありましたが、今年はフリー走行そのままの結果が予選に出てました。
とても嫌な展開…。

決勝は時差がないのに夜遅くの放送だったので、初めてCS放送を見に行ってみました。
最近オープンした「F1 PIT STOP CAFE」で観戦です。
残念ながら満席だったので、立ち見となりましたが、地上波とは違う内容で楽しめました。
生中継ということで、いつもと違うなと感じたのは、日本勢がそんなに大々的に映ってなかったこと。
たまたま目立ってなかったのか、そういうものなのかは分かりませんが、一貴はほとんど登場してなかったですね。

レース結果は、晴れということもあり、ほとんど荒れずに、スタート順で進んでいく感じでした。
雨の方が面白いかもしれないと思った。
ということで、フェラーリ1-2フィニッシュならず。
2-3でもチーム的にはいいんだけど。
ライコネンは大人の対応したので、最終戦までチャンピオン決定は持ち越してるし、可能性は少し高くなったけど。
それでもマッサのチャンピオン獲得は結構厳しいと思います。
母国GPのマッサは気合十分だとしても、キミがサポートしたとしても、他のドライバーのサポートが必要だね。
他のドライバーたちも口を揃えてマッサの応援をすると言っていますが、みなさまに頑張って頂きたいところです。

カフェでは、順位予想クイズをやってました。
嫌な予感をそのまま予想に書いたのですが、見事的中…。
一貴の順位は外したけど、1-3位は的中したので賞品を頂きました。
出来ればその順位は・・・と思ってたので、気持ち複雑でした。
キミ仕様F2008の1/43スケールマシンを頂いたので、それはかなり嬉しかったんですけどね。
富士では何もゲット出来なかったので、良いプレゼントを貰いました。
大切にします♪ありがとうございます☆

次戦は11/2 第18戦 ブラジルGPです。
昨年同様、最終戦までチャンピオン決定は持ち越しです。
今年は2人の争いで、ポイント差は7ポイント。
昨年のキミも7ポイント差で最終戦を向かえ、大逆転でチャンピオンを獲得しましたが、今年は全く状況が違います。
マッサが優勝して、キミが2位をとっても、3位から5位をとられるとダメです。
6位なら勝利数で勝てる。
優勝したらの話で、優勝しなかった場合は、勝利数うんぬんでかなり不利です。
結構厳しいですが、奇跡を信じて、応援したいと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

F1 2008 日本GP [F1]

F1 2008 日本GP 決勝結果

1 F・アロンソ ルノー 1:30:21.892
2 R・クビサ BMW + 5.283
3 K・ライコネン フェラーリ + 6.400
4 N・ピケ・ジュニア ルノー + 20.570
5 J・トゥルーリ トヨタ + 23.767
6 S・ヴェッテル トロロッソ + 39.207
7 F・マッサ フェラーリ + 46.158
8 M・ウェーバー レッドブル + 50.811
9 N・ハイドフェルド BMW + 54.120
10 S・ボーデ トロロッソ + 59.085
11 N・ロズベルグ ウィリアムズ + 1:02.096
12 L・ハミルトン マクラーレン + 1:18.900
13 R・バリチェロ ホンダ + 1 laps
14 J・バトン ホンダ + 1 laps
15 中嶋一貴 ウィリアムズ + 1 laps
R G・フィジケラ フォースインディア + 46 laps
R H・コヴァライネン マクラーレン + 51 laps
R A・スーティル フォースインディア + 58 laps
R T・グロック トヨタ + 60 laps
R D・クルサード レッドブル + 67 laps

待ちに待った日本GP決勝を観戦してきました。
去年はとてもひどい状態でしたが、今年は混雑緩和対策が効果を発揮してました。
場内も心なしか人が少なく、通路を増やした為が、渋滞に遭うこともなかったです。
教訓がいきたと言った感じでしょうか。

天気は曇り。
気温は16~18度ほどで、長袖でも寒かったです。
路面温度も低めと言ってました。

サポートレースも盛り上がってましたね。
気になったことと言えば、レース前のパフォーマンスが、メインスタンド以外には、何やってるか全く分からなかったことくらいでしょうか。

レースが始まり、最初の1コーナーへの飛び込みで少し混乱がありました。
キミは押し出されてしまい、これがペナルティ対象に。
後々、論議のネタになってました。
直後、クルサードのスピン&クラッシュを一貴が貰い事故してしまいました。
勿体無い…。
フロントノーズを失い、緊急ピットインであっという間に周回遅れに。
それでも、みんな応援してて、頑張ってる感じがよかったです。

レースの方は、コーナーでの接触&スピンと、ピット出口でのオーバーテイクに絡んだアクシデント、それに1周目の押し出しの3つにドライブスルーペナルティーが出る異例の事態になってました。
私の応援するチーム的には、ヨシッという感じでしたが、疑問の残るところもありましたね。

2番手スタートも、1周目の混乱で順位を落としていたライコネンは、気が付けば3位になってました。
クビサとの数周のバトルは見ものでしたが、クビサのタイヤの状態がよくなると、キミの方が置いてかれていくばかりでなく、ピケにも追いつかれてましたね。

最終コーナーのところで観戦しましたが、各ドライバーの最終コーナーのブレーキと立ち上がり方が見れて、とても勉強になりました。
ストレートに立ち上がったところを見て、マシンのバランスが悪そうやなというのが分かるのも面白かったです。

結果は、何とアロンソの2連勝☆
2位クビサ、3位がライコネンでした。
トヨタも5位入賞。
一貴は完走しました。

去年は雨で路面がひどいことになっていたので、スピンとかオーバーランとか、その他いろいろ見れましたが、晴れるとさすがにすんなり進んでましたね。
ただ、去年は路面コンディションが悪かったので、良いコンディションでの走行はみんな初めてで、1コーナーとかはさぐりながらだったそうです。

記者会見の様子も席で見て、ゆったり帰りましたが、バスの待ち時間ゼロでとても快適な観戦となりました。
ただ、予想以上に寒かったので、身体が冷えきってましたが。
多少太陽が出たりしてたら、もう少し暖かかったんだろうけど、ほぼ曇りだったので山の気温でしたね。

来年からは隔年開催となり、次は鈴鹿での開催です。
テクニカルなサーキットでのバトルが楽しみです。

次戦は10/19 第17戦 中国GPです。
ライコネンは残念ながら、今年チャンピオンの可能性はなくなったけど、チームの為に頑張って欲しいです。
残り2戦、赤で1-2フィニッシュを決めて下さいな☆
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

F1 2008 日本GP タイムスケジュール [F1]

今週末はいよいよ日本GPですね。
明日からフリー走行などが始まり、いよいよGPモードへ。
楽しみです♪

週末のタイムスケジュールはこんな感じです↓

10月10日(金)
 8:45~9:15 ネッツカップヴィッツレース フリー走行
 10:00~11:30 F1 フリー走行(1回目)
 12:00~12:30 ポルシェ カレラ カップ ジャパン フリー走行
 14:00~15:30 F1 フリー走行(2回目)
 16:00~16:30 ポルシェ カレラ カップ ジャパン予選

■10月11日(土)
 9:30~10:00 ネッツカップヴィッツレース 予選
 11:00~12:00 F1 フリー走行(3回目)
 14:00~15:00 F1 予選
 15:30~16:05 ポルシェ カレラ カップ ジャパン 決勝(1回目12周)

■10月12日(日)
 10:00~10:30 ネッツカップヴィッツレース 決勝(8周)
 11:00~11:35 ポルシェ カレラ カップ ジャパン 決勝(2回目12周)
 12:00~ F1ドライバーズパレード
 12:15~ スターティンググリッド・プレゼンテーション
 13:00~ F1カー スターティンググリッドへ入場
 13:16~ 国歌斉唱
 13:30~ F1 決勝(67周)


気合入れて応援するぞ~☆
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

F1 2008 シンガポールGP [F1]

F1 2008 シンガポールGP 決勝結果
1 F・アロンソ ルノー 1:57:16.304
2 N・ロズベルグ ウィリアムズ + 2.957
3 L・ハミルトン マクラーレン + 5.917
4 T・グロック トヨタ + 8.155
5 S・ヴェッテル トロロッソ + 10.268
6 N・ハイドフェルド BMW + 11.101
7 D・クルサード レッドブル + 16.387
8 中嶋一貴 ウィリアムズ + 18.489
9 J・バトン ホンダ + 19.885
10 H・コヴァライネン マクラーレン + 26.902
11 R・クビサ BMW + 27.975
12 S・ボーデ トロロッソ + 29.432
13 F・マッサ フェラーリ + 35.170
14 G・フィジケラ フォースインディア + 43.571
15 K・ライコネン フェラーリ + 4 laps
R J・トゥルーリ トヨタ + 11 laps
R A・スーティル フォースインディア + 12 laps
R M・ウェーバー レッドブル + 32 laps
R R・バリチェロ ホンダ + 46 laps
R N・ピケ・ジュニア ルノー + 47 laps

F1初のナイトレースでした。
サーキットがライトアップされ、夜景とかマーライオンとかもとてもキレイでした。
コース上でレースをするには、夜という条件は特に問題ない様に見えました。
ただし、公道サーキットなので、道幅が狭い部分もあり、ランオフエリアなしで即壁という所も多く、ちょっと危険だなと。
コース上では、多少のクラッシュはありましたが、そんなに大きな事故は起こらなかったので、一安心です。

初のコースでナイトレースという事もあり、手探り状態で始まったGP。
週末を通してアロンソが好調でしたね。
一貴ものれてました。
しかし、予選ではアロンソがまさかのエンジンストップ。
運に見放された予選、かなり悔しそうでした。

レースが始まり、各車慎重なスタートで、大きな混乱もなくスタート。
マッサがトップのまま独走してました。
しかし、SCが入ったタイミングが悪かった。
早めにピットインしていたドライバーにチャンスが巡ってきました。

しかもフェラーリがまたピット作業でミス。
マッサは、給油ホースを付けたままスタートし、クルーが引きずられてしまいました。
幸い大事には至らなかったようですが、こういうミスが今年は多すぎます。
レッドブルも終盤のピット作業で事故を起こし、こちらのクルーはケガをしてしまったようですね…。

そんなこんなでフェラーリ2台は後方に。
この時に運がまわってきたのがアロンソでした。
予選で15番手に沈まなければ得られなかったチャンス。
ニコにもチャンスがありましたが、ペナルティーを受ける事になったので結果アロンソがトップに。
そのまま今季初優勝☆
今季はとても苦しんでただけに、よかったね~と思いました。
ニコも自己最高位の2位でしたね。
一貴もポイントが取れてよかったです。

ライコネンは5番手まで上がってきてたのに、縁石に乗り上げてバランスを崩してクラッシュ…。
こういうミスも多いね今季。
チャンピオン争いの方は、フェラーリが自滅する形でノーポイントに終わり、マッサは差を広げられ、自力優勝は消えたっぽい。
コンストラクターズポイントも首位から転落。
ため息の出る週末となりました。

次戦は10/12 第16戦 日本GPです。
嫌な流れはナイトレースに置いて、日本へ来て欲しいです。
去年は雨でいろいろありましたが、今年は晴れの高速バトルを期待したいと思います。

大雨だった去年に懲りずに、今年も観戦に行ってきます。
嬉しい&楽しい週末になりますように☆
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

F1 2008 イタリアGP [F1]

F1 2008 ハンガリーGP 決勝結果
1 S・ヴェッテル トロロッソ 1:26:47.454
2 H・コヴァライネン マクラーレン + 12.512
3 R・クビサ BMW + 20.471
4 F・アロンソ ルノー + 23.903
5 N・ハイドフェルド BMW + 27.748
6 F・マッサ フェラーリ + 28.816
7 L・ハミルトン マクラーレン + 29.912
8 M・ウェーバー レッドブル + 32.048
9 K・ライコネン フェラーリ + 39.468
10 N・ピケ・ジュニア ルノー + 54.445
11 T・グロック トヨタ + 58.888
12 中嶋一貴 ウィリアムズ + 1:02.000
13 J・トゥルーリ トヨタ + 1:05.900
14 N・ロズベルグ ウィリアムズ + 1:08.600
15 J・バトン ホンダ + 1:13.300
16 D・クルサード レッドブル + 1 laps
17 R・バリチェロ ホンダ + 1 laps
18 S・ボーデ トロロッソ + 1 laps
19 A・スーティル フォースインディア + 2 laps
R G・フィジケラ フォースインディア + 41 laps

またまた予選は見れなかったのですが、スターティンググリッドを見て、何が起こってるんだろうと思ってしまいました。
モンツァでは珍しく雨の週末になり、いろいろ波乱のGPとなりましたね。

予選でポールを取ったのはトロロッソのヴェッテルでした。
前戦からトロロッソは調子が良く、ボーデも4番手スタートでしたね。
ライコネンは14番手スタート...雨だけど前に行くのはなかなか難しそうやなと。
雨が降っていた為、昨年の日本GP以来のSC先導でのスタートです。
せっかく4番手スタートだったボーデは、エンジンストールでスタート出来ず、結局周回遅れになってました。
勿体無いね。

スタート後から、順位が激しく入れ替わってましたが、雨が上がり気味だったので、スピンするマシンも少なく、結構バトルがあって面白かったです。
ライコネンは5つ順位を上げましたが、9位フィニッシュ。
ノーポイント…。
チームメイトのマッサはポイントを稼いで差を縮めたので、サポート話題も本格化しそうです。

そして優勝はポールtoWinでヴェッテル☆
最年少優勝で、初優勝。
チームも初優勝。
おめでとう♪
シーズン開始時は、下の方のポジションだったチームが、雨とはいえ優勝だなんて。
開発費があるっていうのは、やっぱり得なんですね。
表彰台がかなりフレッシュな面々でした。

次戦は9/28 第15戦 シンガポールGPです。
初開催のサーキットで、F1初のナイトレース。
高速市街地サーキットでのレースはどうなるのか、どんな感じで見えるのか、全然想像がつきませんが、とても楽しみです。
ただ、夜の高速って結構危険なイメージが浮かぶので、気を付けて欲しいです。
記者の意地悪な質問に苦笑いしつつも、まだ諦めてない強気の感じのコメントをしてたライコネン。
チームの戦略がどうなるか分かりませんが、頑張って欲しいものです。

そして、その次はいよいよ日本GPです。
シンガポールで弾みをつけ、日本での良いレースを期待してます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

F1 2008 ベルギーGP [F1]

F1 2008 ベルギーGP 決勝結果

1 F・マッサ フェラーリ 1:22:59.394
2 N・ハイドフェルド BMW + 9.383
3 L・ハミルトン マクラーレン + 10.539
4 F・アロンソ ルノー + 14.478
5 S・ヴェッテル トロロッソ + 14.576
6 R・クビサ BMW + 15.037
7 S・ボーデ トロロッソ + 16.735
8 M・ウェーバー レッドブル + 42.776
9 T・グロック トヨタ + 67.045
10 H・コヴァライネン マクラーレン + 1 laps
11 D・クルサード レッドブル + 1 laps
12 N・ロズベルグ ウィリアムズ + 1 laps
13 A・スーティル フォースインディア + 1 laps
14 中嶋 一貴 ウィリアムズ + 1 laps
15 J・バトン ホンダ + 1 laps
16 J・トゥルーリ トヨタ + 1 laps
17 G・フィジケラ フォースインディア + 1 laps
R K・ライコネン フェラーリ + 3 laps
R R・バリチェロ ホンダ + 24 laps
R N・ピケ・ジュニア ルノー + 31 laps

お出かけしていた為、予選は結果だけをチェックして決勝を見ました。
天気がちょっと心配な中スタートです。

最近スタートの調子が悪いなと思ってたけど、さすが3連勝中のスパ。
気合いが違ってましたね。
4番手から1つ順位を上げたライコネン。
しばらくして、マッサも抜いて2位になってました。
そして、オーバーテイクの後に独走。
ここまではよかった。

4連勝に向けて着々とレースを進めている中の、終盤の雨。
そして抜かれた後にスピンでThe END…。
本人もインタビューで言ってました、どうしても勝ちたかったと。
柄にもなく悔しそうな様子を見て、思い入れが強いGPだったんだと改めて感じました。
マシンの調子もよさそうだったので、ホント勿体無い...

レース自体は雨のせいもあって、いろいろ順位変動があったりしたんだろうけど。
勝利目前でのリタイアで全て飛んでしまいました。
こんなに悔しいレースは初めてかもしれません。

唯一印象に残ってるのは、トロロッソが予選も決勝も上位にいた事くらいでしょうか。

琢磨は来週のテストでトロロッソのテストをする事が決まりました。
来季のレギュラーシートを獲得を目指して頑張って欲しいものです。

次戦は9/14 第14戦 イタリアGPです。
フェラーリのお膝元モンツァ。
今季のチャンピオン争いも詰まってきた中で、調子を取り戻すラストチャンスかもしれません。
去年は予選でクラッシュし、怪我したままレースを戦いました。
今年は危なげなく勝利をして欲しいです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

F1 2008 ヨーロッパGP [F1]

F1 2008 ヨーロッパGP 決勝結果
1 F・マッサ フェラーリ 1:35:32.339
2 L・ハミルトン マクラーレン + 5.600
3 R・クビサ BMW + 37.300
4 H・コヴァライネン マクラーレン + 39.700
5 J・トゥルーリ トヨタ + 50.600
6 S・ヴェッテル トロロッソ + 52.600
7 T・グロック トヨタ + 1:07.900
8 N・ロズベルグ ウィリアムズ + 1:11.400
9 N・ハイドフェルド BMW + 1:22.100
10 S・ボーデ トロロッソ + 1:29.700
11 N・ピケ・ジュニア ルノー + 1:32.700
12 M・ウェーバー レッドブル + 1 laps
13 J・バトン ホンダ + 1 laps
14 G・フィジケラ フォースインディア + 1 laps
15 中嶋一貴 ウィリアムズ + 1 laps
16 R・バリチェロ ホンダ + 1 laps
17 D・クルサード レッドブル + 1 laps
18 K・ライコネン フェラーリ + 12 laps
R A・スーティル フォースインディア + 16 laps
R F・アロンソ ルノー + 56 laps

今季のヨーロッパGPは初開催となる、バレンシアの市街地サーキットでした。
港町なので、モナコと同様とてもキレイな景観がたくさん。
サーキットとしては、市街地では珍しい、高速のコースとなっていました。
初めてのコースなので、全員が経験値0から始まるのがいいですね。

フリー走行では、フェラーリが好調に見えました。
最終コーナーを曲がった所すぐに、ピットレーンの入り口があるので、コースオフするとピットへ突っ込む形になるようです。
アロンソがそれでピットレーンの速度違反になり、罰金を取られてましたね。

予選の結果は、ミハエルが来て気合い入りまくりのマッサがポールを獲得です。
ライコネンは4番手から。
トロロッソが2台共にQ3に進んだのが驚きでしたね。
あと、一貴はあと少しのところでQ3進出を逃したのが残念だった…。

決勝が始まり、スタートで5番手に後退したライコネン。
一貴は、あろうことか、母国GPのアロンソに追突し、リタイアに追い込んでしまいました。
1回目のピットストップの後、ライコネンの前に戻ったマッサ。
重たいんだから、後ろに行って欲しかった。
それで少し調子の狂ったフェラーリ陣営。
2回目のピットは、前を走るマクラーレンと同時ピットインで焦りが事故を…。
ロリーポップマンが上げるのが早過ぎて、給油中なのにスタートしてしまったライコネン。
クルーを轢いてしまうという結果になりました。
結構リプレイは衝撃映像やった。
幸い、足と背中に軽傷を負っただけで大丈夫だったそうなので、安心しました。
今季は、ピット事故多いなと。

それだけで終わればよかったんだけど、今回のライコネンはとことんツイてなかった。
しばらく走った後に、もうもうと白煙を上げてエンジンブロー。
前回、トップ走行してて、ラスト3周でエンジンブローしたマッサと同じ症状っぽい。
大丈夫か、フェラーリエンジン!

ライコネンにとっては最悪の週末でしたね。
マッサは、ポールto WINで、ファステストも取り、グランドスラム達成です。
チームとしても後味の悪いGPとなったんじゃないかと。

次戦は9/7 第13戦 ベルギーGPです。
この週末の嫌な空気をすっぱり忘れて頑張って欲しいです。
ライコネンにとっては、めっちゃ得意なサーキットなので、ここで気持ちを切替で、その後爆走する為にも、大切なGPになるんじゃないかと。
Go!Go!ですね☆
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

EDPとEDT [WORD]

香水を調べていると出てきた見慣れない記号。
EDP、EDT、EDC。
何を意味するのか気になって調べてみました。

***

香料の割合(賦香率)によって、P/EDP/EDT/EDCなどの呼び方が付く。

・パルファン(P)
 濃度が一番高く持続力も一番。香りに豊かさと深みがある。
 濃度は高いですが、香りが必ずしもキツイというわけではない。

  香料の割合:15~30%

・オーデパルファン(EDP)
 パルファンの次に濃度が濃く値段もお手ごろなものが多い。
 持続力も適度にあり、使いやすい。

  香料の割合:10~15%
  香りの持続時間:約3~5時間

オードトワレ(EDT)
 品が良く、濃度が低めなため仕事や学校でも気軽につけれる感じがある。

  香料の割合:5~10%
  香りの持続時間:約3~4時間

・オーデコロン(EDC)
 最もソフトで、気分が落ち込んでいるときのリフレッシュスポーツの後などに使うと最適。
 入浴後につけるのも○。

  香料の割合:3~5%
  香りの持続時間:約1~2時間

***
一般的に香水というと、EDTをさす事が多いそうです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

F1 2009 暫定スケジュール [F1]

6/26時点での暫定スケジュールです。

2009年は全19戦の予定です。

 3月29日 オーストラリア
 4月 5日 マレーシア
 4月19日 バーレーン
 5月10日 スペイン
 5月24日 モナコ
 6月 7日 カナダ
 6月21日 イギリス
 6月28日 フランス
 7月12日 ドイツ
 7月26日 ハンガリー
 8月 9日 トルコ
 8月23日 ヨーロッパ(ヴァレンシア)
 9月 6日 イタリア
 9月13日 ベルギー
 9月27日 シンガポール
10月11日 日本
10月18日 中国
11月 1日 ブラジル
11月15日 アブダビ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

F1 2008 ハンガリーGP [F1]

F1 2008 ハンガリーGP 決勝結果
1 H・コヴァライネン マクラーレン 1:37:27.067
2 T・グロック トヨタ + 11.020
3 K・ライコネン フェラーリ + 16.811
4 F・アロンソ ルノー + 21.614
5 L・ハミルトン マクラーレン + 23.048
6 N・ピケ・ジュニア ルノー + 32.298
7 J・トゥルーリ トヨタ + 36.449
8 R・クビサ BMW + 48.321
9 M・ウェーバー レッドブル + 58.834
10 N・ハイドフェルド BMW + 1:07.709
11 D・クルサード レッドブル + 1:10.407
12 J・バトン ホンダ + 1 laps
13 中嶋一貴 ウィリアムズ + 1 laps
14 N・ロズベルグ ウィリアムズ + 1 laps
15 G・フィジケラ フォースインディア + 1 laps
16 R・バリチェロ ホンダ + 2 laps
R F・マッサ フェラーリ + 3 laps
R S・ボーデ トロロッソ + 3 laps
R A・スーティル フォースインディア + 6 laps
R S・ヴェッテル トロロッソ + 47 laps

予選を見た感じ、またフェラーリは調子悪そうで。
シャークフィンを導入していましたが、効果は如何に。
マッサは3番手、ライコネンは6番手からのスタートとなりました。

決勝ではマッサが気合いのスタート。
スタートした時点で2番手になり、1コーナーで見事なオーバーテイクをみせて、トップに出ました。
気合いのタイヤスモークを上げながらのブレーキで、いい感じでしたね。
そのまま独走状態に入りました。

ライコネンは、アロンソの後ろで大苦戦。
抜きにくいサーキットという事と、マシンの状態も良くないっぽくて。
スタートで順位を落としたまま沈んでました。

2番手を走っていたマクラーレンが、タイヤのバーストで順位を落とし、トヨタのグロックが3位に。
クラッシュをした選手は、次のレースで大きな力を発するのか?と思った。

ラスト3周で悲しい映像が。
マッサがエンジンブローしてる…。
トップを独走して勝利目前だっただけに、とても悔やまれるトラブルです。
本人も納得いかないって言ってた。

この時点で4位を走り、3位のグロックを抜くべくプッシュしていたライコネンも、完走しろって指示が出て、そのままフィニッシュです。
結果は、コバライネンが初優勝、グロックが2位で初表彰台、ライコネン3位でした。
初優勝、初表彰台はとても嬉しい事だし、ライコネンもライバルより多くのポイントが取れたので、とりあえず良しとしましょうか。
ただ、チーム的にも、当人たちにとっても、あんまりスッキリしない結果だったように思います。

次戦は8/24 第12戦 ヨーロッパGPです。
ヴァレンシアの市街地サーキットでの開催です。
初開催なんですね。
どうなるか、全く予想が付きませんが、ここ数戦押されっぱなしのフェラーリ。
フランス以来の表彰台をライコネンが獲得したのは良いことですけどね。
短い夏休みでリフレッシュして、調子を取り戻して欲しいものです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

F1 2008 ドイツGP [F1]

F1 2008 ドイツGP 決勝結果
1 L・ハミルトン マクラーレン 1:31:20.847
2 N・ピケ・ジュニア ルノー + 5.586
3 F・マッサ フェラーリ + 9.339
4 N・ハイドフェルド BMW + 9.825
5 H・コヴァライネン マクラーレン + 12.411
6 K・ライコネン フェラーリ + 14.483
7 R・クビサ BMW + 22.603
8 S・ヴェッテル トロロッソ + 33.282
9 J・トゥルーリ トヨタ + 37.199
10 N・ロズベルグ ウィリアムズ + 37.658
11 F・アロンソ ルノー + 38.625
12 S・ボーデ トロロッソ + 39.111
13 D・クルサード レッドブル + 54.971
14 中嶋一貴 ウィリアムズ + 1:00.003
15 A・スーティル フォースインディア + 1:09.488
16 G・フィジケラ フォースインディア + 1:24.093
17 J・バトン ホンダ + 1 laps
R R・バリチェロ ホンダ + 17 laps
R M・ウェーバー レッドブル + 27 laps
R T・グロック トヨタ + 32 laps

ここ何戦か、チームとしてパッとしない結果が続いてますが、その流れを断ち切れず、またパッとしない週末でした。
ドイツGPという事で、お兄ちゃんが登場してましたね。
終始渋い顔で、レースが終わった時なんか、なんとも言えない表情でした。

予選の時は、特に師匠が見ているマッサが気合い入ってて、Q1とQ2は調子良さそうな感じに見えなくもなかったです。
しかし、Q3ではあれれ…な感じで。
燃料を多く積んでるのかな?とは思ったけど。
マッサは前の方にいましたが、ライコネンは6番手スタートという、微妙な位置でした。
トヨタのトゥルーリが前の方にいたので、ファクトリーがある国だから、また気合いが入っているのかなと。

また、雨が降るかもしれないと言われてましたが、大丈夫でしたね。
スタートで、順位を1つ落としたライコネン。
その後も、なかなかオーバーテイク出来ない様子でした。
マシンの調子がイマイチなのかなと。

2回目のピットのタイミングが近付いてきた時、最近好調だったトヨタのグロックが大クラッシュ
クラッシュの瞬間は、本人のミスではなく、リアタイヤが折れた様に見えました。
それまでの走行により、何かしらのダメージを受けてたのか、マシン自体の問題かは分かりませんが。
コースの左側でスピンし、そのまま右側の壁に衝突、その衝撃でまた左へ飛ばされてて、結構派手なクラッシュで、パーツもかなりの範囲に飛び散ってましたね。
このクラッシュでSC導入となりました。
本人はマシンから降りて歩いましたが、腰の辺りを押さえてたので、衝撃を吸収する造りになっるマシンでも、身体に負担はあるんだなと。
病院へ行って念のための検査入院をした様ですが、次の日には大丈夫という事で無事退院してました。
大破したマシンから本人の身体だけ救出されて、コース脇に座って休憩している姿が映し出されていましたが、後で知ったのは、本来コ

ックピット内のイスごと救出される事になっているらしいです。
マーシャルがテンパったかしら。

SCの後、ピットレーンがオープンになった瞬間に各チームが続々とピットイン。
コース上に残ったマシンが数台。
明らかに2ピットだろうけど残っていて、???なのもあったけど、その中で1ピット作戦を取ったのはピケJrでした。
他のマシンがピットインした後はトップを走る事に。
このまま優勝すればいいなぁと思って見てましたが、マシンにそこまで戦闘力があるわけでもなく、結果は2位。
初の表彰台でしたね♪
若い選手や苦労している選手が、戦略や天気や運を見方につけて、良い成績を取るのはとても嬉しい事です。

マッサは何とか表彰台に乗りましたが、調子的には完璧ではない感じで。
ライコネンは6位でポイントは取りましたが、チャンピオンシップでは3位に後退です。

次戦は8/3 第11戦 ハンガリーGPです。
そろそろパシッと格好良いところを見せてもらいたいものです。
毎年真ん中辺りはイマイチ成績が出てない気もしますが…。
やっぱり暑いのは苦手なんでしょうかね。
このままだと、イタリアでティホシに怒られるんじゃないかなっと。
頑張ってください。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
前の20件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。